ロゴ
HOME>コラム>早めにシミ対策を始めよう!若々しく見えるための秘訣

早めにシミ対策を始めよう!若々しく見えるための秘訣

シミのでき方

予防と改善に効果的な成分

シミは肌のターンオーバーが正常に働かず、メラニン色素(紫外線などの刺激を受けて、メラノサイトという物質によって活性化される酵素チロシナーゼが酸化したもの)が沈着してできます。シミ対策化粧品にはメラニン色素沈着を阻止するような成分が配合されています。トラネキサム酸はプラスミン(メラノサイト活性化因子)の働きを抑えます。コウジ酸・プラセンタ・アルブチンは酵素チロシナーゼの働きを抑えます。ビタミンC誘導体はメラニン色素育成を抑え、肌のターンオーバーを正常に戻します。ハイドロキノンが配合されている化粧品は高い美白効果が期待できます。高濃度で配合されている場合、肌への刺激も増すため医師の指導の下取り入れましょう。

シミ

化粧品成分表示の見方

「美白効果がある」化粧品を購入する際には、実際に配合されている成分を商品表示で確認することが大切です。シミ対策に効果のあると認められている「美白成分」は10種類ほどとされており、成分表示は含有量が多い順に表示されています(含有量1%未満の場合は順不同でも可)。「医薬品と化粧品のあいだ」とされる医薬部外品化粧品は、効果を確認し、国に認可されている成分を配合されており、2008年から配合しているすべての成分表示が義務化されています。表示は「含有量順」としてはいないので、消費者に「配合されていることをアピールしたい成分」順の場合もあります。シミ対策に必須の紫外線対策商品には「SPF」「PA]という紫外線を防ぐ数値が表示されています。数値が大きいほど、紫外線を防ぐ力・時間も増しますが、肌への負担も増すので、普段使いなら数値15~30ほどがおすすめです。